デザイナーの素材との付き合い方

デザイナーにとって
質の高いイラストや写真素材ほど
ありがたいものはありません。
著作権フリーで、おまけに無料なら最高。

ここにこんなイラスト欲しいな〜、
この写真入れただけで全体のデザインが浮かんだ、
こんな場面になったなら
本当に作者やサイトの運営者さんに
心の中で手を合わせています(笑)
この素材を無料だなんて、
なんて出来た人だ!

でもなかなか
いつもそう上手くはいきません。
このフチの線がもう少し太かったら・・・。
この写真の人物もう少し右につまっていたら・・・。




そういいながら
フォトショやイラレでいじりまくる。
キャラクターの線を太くしてみたり、
写真を組み合わせたりとか。
下手すれば、頭のすげ替えまで(笑)

どうしても合わない場合は
イラストなら一から描いたり、
デザインやレイアウトを変更してみたり。

イメージ通りのカメラマンやイラストレーターに
発注するのがデザインには一番いいのですが、
期限や予算というものがありますので。。。

ただあまり素材に慣れてしまうと、
素材頼りでしかデザインができなくなって
しまうという弊害もあると思います。

紙の上でのデザインスケッチ、
この基本に立ち返っていかないと
脳が絵を描かなくなってしまう。

とはいえ、やはり素材の存在はすごく助かります。
これからもどんどん質のいい素材サイトが
できることを期待しています。